心音



僕♂


maki

Author:maki
誰かの居場所を奪う。

2014/現在

僕:新社会人、18歳



リンクフリーですが
報告してくれれば僕からも是非。



最新記事




最新コメント




カテゴリ


未分類 (130)
ひとりごと (139)
貴方へ (8)


月別アーカイブ




FC2カウンター




メールフォーム


名前:
メール:
件名:
本文:



--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2016.02.17  2016 <<12:47



母親を、切り捨ててから、半年が経った。

搾取されて、傷つけられて、許して、
それでも離れなかったのは、ただ僕の事を見て欲しかったからだ
ちゃんと愛して欲しかったからだ

お金もたくさんあげた、服だって買ってやった
生活費も小遣いもあげて、必要ならば足にもなった
一人暮らしで働く傍ら、実家の家計の管理もしていた。
それでも、吐かれる暴言。向けられる冷たい視線。

"とても悲しいことだけど、どんなにこの先沢山のものをあげても、
君が大切にされる日は来ないよ。本当はちゃんとわかってるだろう。
顔色伺うのも、認められたかったのも、辛かったよな。
認められなかった自分も認めて、お母さんはここに置いていこうな。"


嗚咽した。僕はただ、ただ、愛されたかった
本当は全部わかってたんだよ、自分が搾取されるだけの存在であること。
認めたくなかった。母にとって本当は大事なかけがえのない存在だと思っていたかった。
きっと僕一人では、いつまでも見て見ぬ振りして搾取され続けていたと思う。
改めて他人に気付かされて、彼の言葉に頷くことしか出来なかった。


引越しをして、携帯も、名前も変えて、全ての縁を切った。
もう母の顔を見ることも声を聞くことも無い。
母は僕を探すことも出来ない。

彼がいなかったら、僕は今頃おかしくなっていたんじゃないかと思う
あんなに擦り切れそうな精神状態で。


No.433 / 未分類 / Comment*0 // PageTop▲

2014.08.10  お久しぶりです <<11:21




半年以上ぶりの更新

自分のブログながらちょくちょく見にきてはいても
思ったこと感じたことを記事に起こそうとはしなくなった

自分を取り巻くものが、言葉にまとめられるものばかりじゃなくなってた
簡単な、狭い小さい世界で生きてきたんだなと今になってすごく実感する

何も持ってない、中身スッカラカンのくせに一丁前に吠えてたなあ
このスカスカの頭の中はでも、いつもパンクしそうだったことは覚えてる
今はただ、我武者羅に働いていくのみ。


心音。





No.432 / ひとりごと / Comment*1 // PageTop▲

2013.12.31  繰り返した <<20:50


同じことでした

埋められる裏切りなんてない

嘘は嘘で、埋められるものなどない

No.431 / 未分類 / Comment*0 // PageTop▲

2013.11.17  あーもう <<12:19


僕はなにがしたいんだ

6年前と、なにが変わったの
なにを変えたつもりでいたわけ?

ただの死にたがりが、生きたがるゴミになっただけじゃん。

なあ?

No.430 / 未分類 / Comment*0 // PageTop▲

2013.11.17  気持ち悪い <<12:08


こうまでして生きていたがる自分ってなに

死ねよもう。
死ね。

No.429 / 未分類 / Comment*0 // PageTop▲

 Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。